ジスロマックの服用方法

ジスロマックは、広範囲の病気に効く薬です。ジスロマックは抗生剤なので、飲みきって細菌を死滅しきる必要がありますので、全部飲みきることが大切です。ジスロマックは商品の名前で、含まれている成分はアジスロマイシンです。よく病院で処方されるのはクラミジアや淋病の性病の治療やその他の細菌性の感染症です。

服用量はクラミジアの治療としては、1回に1000mgの服用が必要です。錠剤の種類は250mg、500mg、1000mgの錠剤があり、500mgの錠剤なら2錠を一回に飲むことになります。ジスロマックのメリットとして一回の服用で1週間の効果が得られますので、飲み忘れの心配もなく便利です。また一般的な細菌性感染症の治療には500mgを1日に1回を3日間つづけます。この場合は服用が3日続きますので、毎日決まった時間に服用します。コンスタントに薬の効果を持続させることが重要です。

薬の飲み合わせについては、その他の諸症状に市販の薬なら一緒に飲んでもかまいません。(もちろん医師の処方箋がある場合はOK)例えば風邪の症状で不快な場合、咳止めや鼻水止めなど市販の薬は服用可能です。抗生剤(ジスロマック)には、医師の処方箋が必要ですが、市販の薬には抗生剤は配合されていないためです。

また、痛み止めの鎮痛剤も市販薬の併用をしても良いです。それに、ジスロマックは強い殺菌効果があるので腸内のバランスが崩れ下痢症状を起こす可能性もあります。その場合も市販薬の整腸剤を併用してもかまいません。でも、感染病以外の症状が長引く場合は、薬の併用を見直す為に医療機関での診察を受けましょう。いくら市販品とはいえあくまでも短期間の薬の併用にかぎります。

服用の際の飲み合わせで薬の効果を弱めるケースがあるので要注意です。牛乳などの乳製品と一緒に摂取すると効果が弱まる可能性があります。乳製品に含まれている脂肪分が、薬に働きかけてしまう恐れがあります。服用時は控えましょう。

また、妊娠中の方や授乳中の方へジスロマックは安心できる抗生剤だと位置づけされていますが、自己判断での服用は控えた方が無難です。安全性は確実ではなく医師が診察してやむを得ない場合にのみ処方されます。妊婦に対する使用実績はそれほど多くはありません。

薬の飲み方についてですが、水やぬるま湯で飲むことが無難です。アルコールと一緒に飲むことはやめましょう。抗生剤は、牛乳やチーズ系のものを食べた後は効き目が落ちます。また、骨の健康に関する食品(特定保健用食品も含む)の食後の服用は止めましょう。以前はお茶に含まれる「タンニン」が薬の効きを悪くすると思われていましたが、影響がないことが判ってきています。